借りやすい利用目的

借りやすい利用目的

借りやすい利用目的 バーチャルオフィスを借りる場合には利用目的を明確にしていく必要があります。
一般的にバーチャルオフィスの利用目的に多いのが、ネット系や販売系、技術職や専門職が上げられます。
ネットショップ等の小規模事業の場合には、事務所のようなコストは低額で抑えたいと考える場合も多かったりもします。
バーチャルオフィスであれば、立ち上げ間もないベンチャーであっても低コストで事務所を開設することができ、円滑な事業運営を進めていけます。
サイトに自社の本店所在地を記載していくことで、取引先や顧客への信頼性を高めていけるようになります。
バーチャルオフィスを活用していくことで首都圏に手軽にオフィスを構えることが出来るようになり、手軽に高い信頼性を得ていけるようになります。
バーチャルであっても、郵便の転送や電話の転送も可能で、小規模なミーティングスペースを得てもいけます。
気に入ったオフィスを見つけ利用目的に応じた使用を目指しましょう。

バーチャルオフィスを使えない業種

バーチャルオフィスを使えない業種 基本的にどこにいてもできる仕事であればバーチャルオフィスを利用することができ、レンタルオフィス等に比べてリーズナブルな点がバーチャルオフィスの利点ですが、実はそのサービスを使うことができない業種が存在します。

それは、人材派遣・古物商・不動産です。

人材派遣業は、行政から指定された条件以上のかなり広いスペースを持つオフィスが必要なため、最小限のスペースをレンタルしてくれるバーチャルオフィスでは認可がおりないと言えるでしょう。
古物商の許可は、実店舗で営業している必要があるため、オフィスを借りるよりが自身の店舗の開業が求められます。
取引におけるトラブルが起こらないようにするためにも、事務所や店舗は必須となります。
不動産業も古物商と同様に、開業するには業務を継続的に行うことができるような事務所が実際に存在する必要があります。
事務所の形態としても、独立したオフィスである方が望ましく、もし住居マンションの一部を利用したり、他の企業と同じフロアにオフィスが存在する、開業申請の際に図面などを持参して、事務所としての利用を説明する必要があるため、バーチャルオフィスでの開業は難しいといえるでしょう。